ゼーガペイン スロット 設定判別

ゼーガペイン スロット 設定判別

あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 天井
 ――化け物だ

 本気でそう思えた

先ほど、兎仔が見せていた反応が何の冗談でもないのだと理解できたのも、この瞬間である

「――そもそも」 どこか気楽な様子で、ジェイが口を開いた

「戦闘って領域なら、相手に合わせる必要なんてもんはねえ

こりゃサギの癖というか、自負なんだろうな

相手に合わせることで行動に制限をかけて、それこそが相手のためになると思ってる

あなたも好きかも:モンハンワールド スロット レベル
ガキの頃はそうでもなかったが」 そうだ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 途中抜け
 もしもこれが単純な戦闘なら、いや戦闘訓練であったところで、相手に合わせる必要はない

己の得意分野で対応するのが一般的だろう

兎仔なら銃を使うだろうし、ジェイなら違う術式で対応する

 けれど、鷺花は違う

 相手の術式で対応する

「だから、怖いんだぞ、鷺城は」 まったくもって兎仔の言う通りだ

だからこそ怖い――自分と同じ技術を、使われた上で圧倒されるだなんて

 未熟だと

 それを自覚していたところで、他人に証明されるのとは、わけが違う

 しかし、圧倒されているからといって、フォセが弱いわけではない

ただ、鷺花とは違うだけだ