qt シグナル スロット

qt シグナル スロット

寝台に腰掛けたのだろう

そうして俺の丸まった背に、何かが触れた

「…………難しい……なぁ

 あれを、マルさんに言うべきなんか……」 サヤの声

 彼女の言うアレは、アレクの……身体と心を切り売りしているような、あの行為のこと

あなたも好きかも:ハルヒ スロット 動画
 俺とサヤしか気付いていない……アレクの闇……

「アレクさんは、正しいことやとは、思うてへん……

 それでもああしてはるし、それをとやかく言われたないんやろうなって、思うし……」 呟くようなサヤの言葉に、俺は返事を返す

「…………アレクは言葉にしていない

あなたも好きかも:パチスロ ミルキィ
認めてない……

 それを俺たちが口にするのは、おかしいと思う……」「うん……」 何事も起こっていないのだと、それは貴方の勘違いだと、アレクはその無理を押し通した

 溢れた負の感情を押さえ込み、笑って、そう言ったのだ……

あなたも好きかも:パチンコ アニメ 2014
 なのにそれを俺たちが決めつけて、本人のいない場所で口にすべきではないと思う

 それをしてしまったら、アレクはもう一生……俺に心を開いてはくれないだろう……

 まだ……信用してもらっていない

それは分かっている

 だけど俺は、可能性を残していたい