スロット 麻雀 物語 3 ゾーン

スロット 麻雀 物語 3 ゾーン

「ダームエルはどこへ行ったのですか?」「わたくしの大事な物を守りに、ですよ

ダームエルは護衛騎士ですもの

それより、仮眠をとる順番は決まりましたか?」 わたしは騎士達のローテーションを確認し、一緒に図書館へ向かった

あなたも好きかも:スロット 服
「ローゼマイン様、フェルディナンド様は……」 先に到着していた側近達から話を聞いたのだろう

あなたも好きかも:福島市 スロット イベント
ラザファムが出迎えの挨拶を終えると同時に、足早にわたしのところへやってくる

名捧げをしている主が遠くの土地で瀕死状態だと聞かされれば不安にもなるだろう

「不安な気持ちはわかります、ラザファム

あなたも好きかも:パチンコ 懐かしい名機
けれど、領主一族の許可はもぎ取りましたし、ダンケルフェルガーにも協力を取り付けました

ユストクスとエックハルト兄様も六の鐘が鳴る頃には貴族院経由で戻ってくると思われます」 わたしはハルトムート達がいるだろう工房へ向かって進みながらラザファムに進捗を尋ねていく

「ユストクスとエックハルト兄様が仮眠をとるための客間の準備はできましたか? ここで夕食を摂る人数が大幅に増えましたが、食材は足りましたか? 料理人達は到着しましたか?」 わたしが次々とやるべきことを述べていくと、ラザファムはそれに明確な答えを返してくる

順調に準備は進んでいるようだ

「二人が到着するまでに準備を終えたいと思っています

夕食を摂りながらアーレンスバッハの状況を聞かなければなりませんし、追加する物が必要であれば準備する余裕がいりますから」「かしこまりました」「それから、できれば二人の着替えが残っていないか、二人の実家に連絡してみてくださいませ」 側近達が忙しい中、わたしがうろうろすると邪魔にしかならない

わたしは自室で自分にできることをする

まず、イルクナーのブリギッテにオルドナンツを飛ばした

フェルディナンドを追い込んだ今がチャンスとばかりにアーレンスバッハが侵攻してくる可能性が高いこと、ゲオルギーネは隠密行動を取っている可能性が高いこと、銀の布の情報も伝え、平民達から広く情報を集めるようにお願いし、周辺のギーベ達と連携を取るように告げる

「おじい様が率いる騎士団はいつでも出陣の準備ができています

何か異変を感じたら連絡をください」「フロレンツィア様からも各ギーベに警戒するように連絡がございましたが、それ以上に詳細で貴重な情報、ありがとう存じます

周辺のギーベはもちろん、平民達にも知らせて警戒に当たります」 ギーベ達に詳細な情報が届いていないことがわかったので、わたしは養母様に向けて「もっと詳細な情報を流し、ギーベ・ゲルラッハやギーベ・ガルドゥーンにはギーベの騎士達に守りを固めてもらえるようにお願いしてくださいませ」とオルドナンツを飛ばした