爆サイ パチンコ

爆サイ パチンコ

「俺たちは、『キメラ』という新しい種族なんですよ、力也さん」「キメラ…………?」「おい、ちょっと待て

そんな種族聞いたことねえぞ?」 静かにフードを外し、頭の角を晒す

ついでに服の中に隠していた尻尾まで出した瞬間、会議室の中に集まっていたモリガンの傭兵たちは、一人残らず見事に凍り付いていた

あなたも好きかも:新基準 スロット 一覧
 見た目は普通の人間なのに、角と尻尾が生えている怪物が目の前にいるのだから無理もない

あなたも好きかも:新潟電子 スロット
「し、尻尾…………?」「あなたたちは…………いったい何者…………!?」「転生者と人間のハーフ

あなたも好きかも:スロット 6号機 打ち止め
…………そして、人間とサラマンダーのハーフでもあります」「…………どういうことだ?」「俺たちを生むことになるのは――――――――あんたなんだよ、速河力也(親父)」「なに?」 傭兵たちが困惑する中で、静かに俺とラウラは手をつなぐ

そのまま傭兵たちの顔を見回してから再び親父を直視し――――――告げた

「俺とラウラは、21年後の未来からやってきた――――――――あんたの子供だ」

そう告げた直後の傭兵たちの表情は、全員予想通りだった

俺が何を言ったのか理解できていないかのように、ポカンとしたままじっと俺とラウラを見つめている

いつも冷静でモリガンの誇る策士と言われる信也叔父さんまで口を半開きにしたまま、目を丸くして俺たちをじっと見つめているのだ

きっと、叔父さんのこんな表情はこの時代でしか目にできないだろう