スロット 肩甲骨

スロット 肩甲骨

「いい音だなあ」「――マーリィ、相席しなくてもいいわね?」「いいよ

んじゃあっちの窓際にする

音がよく聞けそうだし

あなたも好きかも:パチンコ ベルサイユのばら 曲
五六(いずむ)様のとだいぶ音が違うなあ……」 ふらふらと歩いていくマーリィから視線を切って、カウンター席へ

座っている女性を確認してから十秒ほど視線を足元に落として考察して

あなたも好きかも:リング バースデイ パチンコ 評価
「――あンのクソ野郎が」 音量に負けて聞こえないくらい小さな声で、エルムに対して毒づいた

「一夜さん、ご無沙汰」「やあ鷺花くん、久しぶりだね

うん、いい成長だ

この歳になると年月を感じるよ

注文は?」「ブレンドを一つ

――っと、七(なな)さん、あっちの侍女の会計は私持ちなんで」「はあい」 ウエイトレスにも一言断っておく

この二人は顔見知りだ

「そうそう、珈琲の淹れ方、役に立ってる

ありがとう」「基本を教えただけだよ」「そうだけどさ

今度、暇があれば紅茶も教えてね」「はは、構わないよ」「――ところで、いつから喫茶店から魔窟に鞍替えしたのよ?」「いつからかな……きっと、そこが一番の問題だと思うけれどね」 自覚はあるのか

 喫茶店に踏み込んだ瞬間の空気――店にいる客はカウンターの女性、ほかにテーブル席には男性が一人と女性が二人いるだけだが

 ここが異質なのは、わかった

「ぎっちゃん、やるなあ――」「誰よそれ」 隣にいた女性の声に睨むと、彼女はにやにやと笑いながら頬杖をついてこちらを見ている