花魁ドリーム オンカジ

花魁ドリーム オンカジ

アリルフィーラ自身が決めなければならない

「…………私は家族同士で争っているのを見たくありません

どうにかして、止めたいです」「そうか」「……キミヤ様

止めることは、できるでしょうか」「……できるとは言わない

ただそれを望むというのなら、手を貸すことは構わない」「では………………お願い、できるでしょうか」「いいだろう

あなたも好きかも:スロット 短時間 おすすめ
貴女の望むままに」「…………!」 どこか芝居がかった雰囲気で公也はアリルフィーラの言うことに従い内戦を止めるために皇国に向かうことを決める

あなたも好きかも:埼玉 パチンコ 和光
そんな公也に傍から見ていたクラムベルトは大きくため息をつく

一応公也はキアラートの貴族であるのだから本来ならあまりこういうことをやってほしくはないところである

まあ公也を止めることは簡単にはできないことであるので仕方がないと思うしかない

またアリルフィーラに関してのことであることも大きい

公也はどこか彼女に対して気を使っているから……それが何を発端とするのか、公也自身理解はしていないだろう

そしてアリルフィーラ自身もどこか公也に頼るところが大きい

それもまた、どこに発端があるのか理解できていない

あなたも好きかも:パチンコ 換金 トラブル
意外と似た者同士なのかもしれない……というのは今回の話とは少し別の話になるだろうか

「と、言うことで皇国に行くことになった」 公也が現在アンデルク城にいる住人に対して説明している

もっとも基本的に関係のない冬姫たちはこの場にいない

ロムニルやリーリェ、クラムベルトなどのキアラートの住人、国側の人間

ヴィローサやフーマルのように公也についてきているタイプの人間

雪奈やペティエットなど、この城に施設や役目を持つ人間