ヒルトン カジノ

ヒルトン カジノ

ユグラは別の対価を支払っている」「ああ、そういうことか

それと同じ地球人なのに魔力とかえらい差がある理由を知りたい」「あー、ユグラも最初は雑魚だったんだがな……ちょっと問診するか」 無色の魔王はのっそりと立ち上がりこちらへと歩み寄る

 側頭部に手を当てられ、瞳を覗き込まれる

「なるほどなるほど、アンタすっげぇ雑魚いのな!」「この野郎、……それで、原因は分かったのか」「ああ、簡単だ

ユグラも同じだったからな」「そうなのか」「アンタ、『地球』に未練があるんだろう?」「そりゃあ……帰る方法を模索するくらいにはあるな」「原因はそこだ、別の世界の人間はこの世界に適応することが難しい

あなたも好きかも:(株)ユニカ パチンコ
この世界に完全に順応するには前にいた世界への未練を捨てこの世界の人間として生きる必要がある

あなたも好きかも:ノーマル タイプ スロット
ユグラは早い段階で帰る選択肢を捨てていた、その辺りから魔力が生じるようになっていたぞ」 そんな精神面的な問題だったとは、拍子抜けこそしたが冷静に考えるとあまり芳しい事でもない

 地球に帰る方法を模索しているうちはこの世界に順応できないということだ

 これはなかなか難しい課題だ

「一度は諦める必要があるってことか」「そう簡単な話でもない、こっちの世界に順応できれば体内に魔力を生み出すことが可能だがそれは言い換えれば元の世界への順応を捨てることになる

魔力の枯渇した世界に魔力を持つものが行けばあっという間に不適合症状を起こして死ぬ可能性があるとユグラは言っていた」 ファンタジー世界の住人として生きていくのならば地球での生存権を捨てろというわけだ

 世の中甘くないものだ