カジノ フリー

カジノ フリー

「ウィリアム、少しいいかい?ギードも一緒だったのだね」「御無沙汰しております、我が君

…………ネアも」その言葉にぎくりとしてシルハーンの腕の中を見ると、こちらを見たネアが鳩羽色の瞳でウィリアムを捉え、変わらぬ穏やかさでこちらを見ていた

思いがけないその姿に、咄嗟に何も言えないままウィリアムは目を瞠る

(そうか、だからシルハーンは霧でこの草原を覆ったのか………)「むむ

ギードさんもいます………

ディノ、ケーキが足りませんので、ギードさんは林檎のお酒でもいいでしょうか?」「飲めると思うけれど、暫くの間は飲まずにいて貰わなければいけないかもしれないよ」「では、お酒ならぴったりですね

あなたも好きかも:未入金ボーナス
美味しいウィームのお酒なので、きっと冬に飲んだら美味しいでしょう」「………………ネア?」どこかに出かける途中で、偶然ここに立ち寄ったということはなさそうだ

そう考えて不思議になり、思わずその名前を呼ぶと、こんな終焉そのものの装いをしているにもかかわらず、ネアはいつものように、こんなウィリアムの装いをとても気に入っていると言わんばかりに微笑むのだ

恐ろしいものや悍ましいものではなく、まるで、当たり前のように

あなたも好きかも:三宮 パチンコ ミリオン
何度その揺らがない眼差しを見ても、また同じように胸の奥の柔らかな部分が掻き毟られるような気がした

ふと、草原を渡る風の音を遠くに捉え、ウィリアムは慌ててその風を遮る為に結界を展開した

あなたも好きかも:石井苗子 パチンコ
こうしてこちらを見てくれたネアに、あの血の匂いを届かせる訳にはいかないではないか

「ウィリアムさんに、林檎のケーキの差し入れを持ってきてしまいました」「……………俺に、林檎のケーキを?」「はい

夏至祭に林檎のものを一緒に食べたり飲んだりすると、その方とは一緒に居られるようになるそうなのです」「ああ」上手く思考を整理出来ずにそう頷けば、ネアは満足げに微笑みを深める

「この林檎のケーキは、リーエンベルクの料理人さんが焼いてくれた素敵なケーキなんですよ