ブラックジャック 話数

ブラックジャック 話数

抜群の手応え

彼は死ぬ

それもすぐにだ

彼が不死者でない限り、息を吹き返すようなことはない

 イリスは、フォルカの懐に飛び込むことで、必殺の一撃をかわしながら、必殺の一撃を叩き込んだのだ

あなたも好きかも:仮面ライダー ブラックrx スロット
「良い、ぜ……」 フォルカが血反吐とともに吐き出した言葉に、彼女は目を細めた

男の巨躯が倒れかかってくるが、気にせず二本の剣を抜き、飛び退く

巨体が地に落ちた

見ると、戦斧の切っ先が大地を刳り、地面に巨大な亀裂を刻んでいる

(なんて力だ) イリスは、フォルカの馬鹿力に呆れてものもいえなかった

あなたも好きかも:パチンコ ロゴ ジェネレータ
それと同時に、剣で受け止めるような真似をしなくてよかったとも思った

剣で受け止めていれば、剣もろともイリスの肉体は真っ二つになっていたことだろう

たとえ膂力は互角に近く、対抗できたとしても、刀身が折れる

あなたも好きかも:グロッタの町カジノ
戦斧の刃は分厚く、イリスの剣よりも余程頑丈そうだった

「隊長!」「なんてことだ……」「隊長の敵(かたき)を……!」 フォルカの死体に駆け寄る兵士や、こちらに攻撃の意思を示す兵士たちを見遣りながら、イリスはやれやれと首を振った

雑魚はいくら集まっても雑魚だが、全力を出せないいま、その雑魚すら強敵になりうる可能性があった