ブラックジャック 灰とダイヤモンド

ブラックジャック 灰とダイヤモンド

「……おゥ」「おー、もう話せるのかてめー、元気だな」「話すだけならなァ

あなたも好きかも:小樽 スロット 優良店
さっきまで、血が溜まってて呼吸できなかったから、どうしようかと思ってたところだ」「もったいねえ」「血がか? それとも、俺がくたばらなかったのがかよゥ」「後者ならオレが様子見なんかするかよ」「それも、そうか」「で、雨の――静はどうだった」「楽しかった……本当に、楽しかったなァ」「それしかねーのかよ」「俺はいつだってそうだ

前も……そうだった

自分が死に体になってたことに気付くのも、終ってからだ

次がねェと気付いて、ようやく終わりを直視できる」「難儀な野郎だな

あなたも好きかも:化物語 スロット 曲一覧
オレも、そうであって欲しいとは思うぜ」「ああ……そうか、俺のほうが先に終わらせちまったかよゥ

今ァどんくれェだ」「時間か? ようやく、一日が終わるころだ」 ここにきてようやく戦闘時間を理解し、よく続いたもんだと思いながら、躰を軽く起こして改めて周囲を確認した

「こんなザマかよゥ

こりゃァ、二度はねェな」「場を管理してた、あー、ジェイキルか、あいつに感謝しとけ」「姿はねェな

あなたも好きかも:インディアン・カジノ
さっき、声だけは聞こえたンだが……おゥ、ミミにツバサじゃねェか」 人型を保った二人が近づいてくるが、一定の領域からこちらへと足は踏み入れない

周囲にはさまざまな得物が転がっているが――

「遺体はこちらで引き取ったと、ジェイキルが言っていたよ

しかし、君がとんでもない化け物だとは実感できたけど、そちらのは君の知り合いかな――その金色が怖くて、さっきからミミが怖気づいてたんだけど」「う、うっさい! 怖いんだからしょうがないじゃん!」「俺は人間だが、こいつは正真正銘の化け物だ」「この状況が終わったら隠居だ、気にするんじゃねーよ

てめーら、この場に留まるのか?」「いや――僕は風の元へ行くよ