山佐 スロット ダイバーズ

山佐 スロット ダイバーズ

 傘をすり抜けてくる水気の多い風を身代(みが)わりになっていると察して、しかし観光の意味をなさない矛盾(むじゅん)で密かに噴き出す

 訝しげにタガネが振り返る

 今度はマリアが顔を取り繕う

「それで」「うん?」「おとぎ話って?」「妖精郷の話、知ってるかい?」「名前だけなら」「その発祥(はっしょう)の地らしいな」 妖精郷

 姿を消した亜人種――妖精(エルフ)族の里である

あなたも好きかも:スロット 鉄拳3 天井 恩恵
 魔神戦線の折(おり)に失われたとされているが、かつては誰からも創世神の遣いと呼ばれるほど神聖視され、その里の在処さえ杳(よう)として知れず、数の少なさと特殊な力から特別な存在として認識され、万人に慕(した)われていた

 魔神戦線で三英雄と共闘し、見事に魔神を討ち果たすも、目的も不明なまま忽然(こつぜん)と気配を断ってしまったのだ

 外界に出る者も稀有だったが、この三千年の間に一例も目撃情報は無い

あなたも好きかも:ビンゴ倶楽部 スロット
 そして

 この土地に、妖精郷があるという噂が立った

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 法則
 満月の夜

 谷淵に妖精郷への入口が開く

 そんな伝承が語(かた)り継(つ)がれている

  マリアがくすりと笑う

「あれね」「…………」「新婚旅行にそんな場所に行くなんて、ベルソート様風に言うなら、ロマン……ロマンチック?だったかしら」「その単語はよう判らんが、旅行でまであの爺の名前なんざ聞きたくもないね」「タガネ・フォン・エヴァレス」「そりゃ、もっとごめんだね」 けっ、とタガネが顔を歪める