姫路 飾磨 パチンコ店

姫路 飾磨 パチンコ店

その威圧感の発生源をちらりと見てみると、そこには確かに漆黒のトレンチコートに身を包んだ赤毛の男が腰を下ろし、ステージを見下ろしているのが見えた

傍らには蒼い髪の女性が2人いて、夫と楽しそうに雑談している

あなたも好きかも:オンラインカジノ 怪しい
 彼らの周囲には護衛の社員が数名いるが、瞬殺できるだろう

護衛たちは杖を持っているが、おそらくあれは仕込み杖に違いない

 魔力を使わないように気を付けながら客席へと近付いていくヴィクトル

かつて21年前のネイリンゲンで、当時の主人だったレリエルと共に彼らと共闘した経験があるのだが、今はあの男は味方ではない

レリエル・クロフォードを葬った怨敵なのだ

 それに、あの男を消さなければ吸血鬼は再興できない

 客席の通路を歩き、リキヤの座る客席へと近付き始めたその時だった

あなたも好きかも:スロット 目押し不要 6号機
「――――――今夜の演劇は面白いらしいぞ

君も見ていったらどうだ?」「………!」 明らかに、妻たちに言ったのではないだろう

どきりとしながらヴィクトルが立ち止ると同時に、こちらを振り返った護衛の社員たちが一斉に杖を構えながら睨みつけてくる

あなたも好きかも:ロードオブヴァーミリオン スロット 6号機 フリーズ
(バレていたか………!) 逃げるべきだろうか

それとも、このまま戦って一矢報いるべきか

 ただでさえ吸血鬼は数が少ないため、ヴィクトルのような幹部クラスの吸血鬼がここで倒れたとなれば、同胞たちはかなり大きな痛手を被ることになる

だが、ヴィクトルは主人に魔王を仕留めてくると誓ったのだ

逃げ帰るわけにはいかない

「たった1人でリキヤに挑みに来るとはな………」「残念ね、吸血鬼」「落ち着け、2人とも」 静かに客席から立ち上がり、ヴィクトルの方を振り向くリキヤ

右手にはサラマンダーの頭を模した装飾がついている杖を手にしているが、おそらくあれも仕込み杖に違いない