知立駅 パチンコ

知立駅 パチンコ

そんな相手に倒すだけで済ませようなんて甘かった」康太は基本相手が死なない程度の攻撃を選別する

高威力の攻撃を放つにせよ、手や足といった末端部分に集めることで死亡する確率を極端に下げていた

だがそれこそが自分の欠点であり甘さであると、康太は理解していた

理解して、それを改善しようとしていた

「敵に対して情けをかければ味方がその分危険にさらされる・・・そんな当たり前のことに気付けてなかった」康太の気配が鋭くなっていく

威圧感が増し、その体からわずかに殺意さえ漏れ始めていた

あなたも好きかも:ビッグ スロット 北 5 条
その気配の変化に、周りにいる魔術師は気づいていた

ちょっとしたきっかけがあれば暴れだすのではないかと思えるほどの強い殺気に、わずかに警戒の色を見せていた周りの魔術師だったが、康太の身内は全く警戒はしていなかった

「康太、目つき悪くなってるわよ

今日くらいは自重しなさい」「っと・・・そうだな

あなたも好きかも:奨学 金 パチンコ
幸彦さんの前で不細工な面をこれ以上晒すのは良くないな」康太は自分の顔を近くにあったおしぼりで拭き、すっきりとした顔つきになる

あなたも好きかも:月のおうぎ スロット
康太が少しずつ壊れていくのを感じながら、文は内心ため息をついてた

康太たちが再び集められたのは、幸彦の火葬が終わった時だった

係りの者に呼び出され集められたその場所で、幸彦の遺体を入れていた炉が開き、その中から幸彦の遺体だったものが取り出される

「・・・あ・・・」声を出さずにはいられなかった