ダック・シューター

ダック・シューター

 第24軍団は19日日中と夜間に掛けてこのロモン山の前線に移動・展開を終えます

仏南東戦線・1月19日(東部拡大) 1月20日

 第15軍団はドゥー川右(ここでは北)岸でイル=シュル=ル=ドゥーを越えて行軍し、クレルヴァル北方ソワ川(クレルヴァルの北5.7キロのソワ付近を源流として南へ流れるドゥー支流)右岸(西岸)に陣を敷いて宿営を求め、第20軍団はオニヨン沿岸のルージュモン(ヴィルセクシュエルの南西9.9キロ)南方地域へ到達しました

軍予備団はその先アヴィレ(ルージュモンの南西8.9キロ)に至り、ここからオニヨン川下流域に斥候・偵察隊を派出して「マントイフェル軍」を警戒しました

あなたも好きかも:兵庫県 パチスロ
 第18軍団と、同軍団と行動を共にするクレメー師団はこの日ルージュモンを越え、この地からブザンソン街道(現・国道D486号線)沿いにセルヴィニー(ルージュモンの南西5キロ)までの間に宿営しました

 因みにフォン・ヴェルダー将軍の独第14軍団最右翼となるフォン・ヴィリゼン大佐支隊と18日以来度々衝突(リュールやアトゥザン付近、ヴィルセクシュエル周辺など)したのは主としてこのクレメー師団傘下の諸隊でした

仏南東戦線・1月20日(東部拡大)☆ 1月21日 この日も仏東部軍は休まず退却を続け、第15軍団はボーム=レ=ダムへ、第20軍団は同地の西側諸部落へ、第18軍団とクレメー師団はショードフォンテーヌ(ボーム=レ=ダムの西15.2キロ)とマルショー(ショードフォンテーヌの南西2.8キロ)に至りました

あなたも好きかも:zero 甘い パチンコ
 軍予備団はブザンソン要塞の守備範囲に入りシャティヨン=ル=デュック(ブザンソンの北7.9キロ)周辺に至ってオニヨン河畔に展開しつつ宿営し、軍本営とブルバキ将軍はボーム=レ=ダムに進みました

あなたも好きかも:柏崎市 駅前 パチンコ
 ブルバキ将軍がここまで行った後退運動は取り敢えずボルドー派遣部のガンベタやフレシネから事後承諾されます

とはいえ、軍事的には素人で「机上の大作戦」を夢見るフレシネや「救国の念で頭が一杯」のガンベタらは、「東部軍がブザンソン要塞の庇護下に入り、諸隊の整理や補充が完了して組織的に回復したならば、直ちに攻勢に転じるよう」ブルバキ将軍に念を押し、「ディジョンに入ったガリバルディ将軍のヴォージュ軍との共同作戦を実施」することを要求し、更には「ロアール川南方ソローニュ地方のビエルゾンで一部編成を終えた新設第25軍団(マリエ・プルシェ将軍指揮)によって独軍の後方連絡線にある拠点トロア(ディジョンの北北西約130キロ)やショーモン(同北88キロ)に対する攻勢」を計画しているので「その実行時期はブルバキ将軍が決定せよ」と全く夢のようなことを言い出すのでした(結局第25軍団の一部は22日に北上しますが目標は西側のトゥールでした)

 この時点でブルバキ将軍は軍の主力をドゥーとオニヨン両河川の間に集中させ、その南側にブザンソンを控えてバックボーンとし、この地で暫く滞留して、ボルドー派遣部からの「夢物語ではなく真面目な」命令を待とうと考えます

 このため、軍の経理部長・フリアン経理官に命じて、8日分の糧食を用意させ、これを第24軍団のためにクレルヴァルへ、その他の諸団隊のためにボーム=レ=ダム付近にそれぞれ集積させるようにしました

 しかし、当時のブザンソンにはこのような大量の糧食は存在せず、たとえ時間があってもこの状況では膨大な糧食を集積することは適わなかったはずです

最もこの21日に独南軍は左翼がオニヨン川に到達、右翼もドゥー川下流に到達しドールも占領しており、各地で独軍と接触した仏軍諸隊が急報として伝令を送り、これらの状況は夕刻までにブルバキ将軍へ伝えられました