カイジ パチンコ 399

カイジ パチンコ 399

倒れている者達を優先してくれ」「し、しかし、殿下のお怪我――」「ヴァート来い! ニルスとファーメルもいるな、お前達もだ!」「は、はい……」 名前を呼ばれた二人はポカンとしながらも、急かしながらヴァートに呼びかけるハイドラスの後を追い、軽く指示されて置いてけぼりにされたティナンも、「よ、よし

あなたも好きかも:pachinko lab
では倒れている者達の治療をします

お願い」 どことなく覇気のない指示を部下に送り、仕事を開始する

「ヴァート、彼女を診てくれないか?」「こ、これは……えっと、人種とのハーフでしょうか? 僕が専門とするところとは……違うような……」 呼び出された二人も同じ反応

 半透明の青白い身体の人型をパッと見で判断すると、その答えが返ってきたが、ハイドラスの説明を聞いた瞬間、驚愕する

あなたも好きかも:スロット たこやき
「それならお前ではなく、ティナンだろ? ……彼女は魔石化している」「「「!!?」」」「……彼女? ま、ま、魔石……化?」「だから、お前なのだ

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ
診てくれ」 その発言に頭が混乱する中、半信半疑の返事をしたあと、テテュラに寄り添い、状態を確認する

「ほ、本当だ……で、殿下! これは一体……?」 ハーメルトでも一番の魔石精通者でも初めて見たような反応に、落胆する様子を見せる

「やはりお前でも初めてか

お前達はどうだ?」「い、いえ

我々も初めてです……」「ていうか人が魔石化だなんて……」 副団長のファーメルもヴァートほどではないが、人工魔石に精通がある右腕的存在のニルスも初めてのようだ

 状態を診ながらヴァート達は、こうなってしまった経緯を説明された――