パチンコ 夢屋南浜

パチンコ 夢屋南浜

「馬鹿、ただの挑発だ」 だがその挑発は、サヤを傷付ける刃だ!「ルカが守っているだろうが

もう少し耐えろ」 言葉は、背に庇われたってサヤを貫く

他の奴らが小声でやりとりしてる馬鹿げた話だって、全部サヤには聞こえているんだ! 木々の間から見えたサヤは、顔色を悪くして、唇を噛み締めている

 卑猥な言葉や誹謗中傷に、男のふりをしていてすら降り注ぐ言葉の毒に、傷付けられていた

 だがそのサヤを背に庇ったルカと、隣のウーヴェが、彼女の前に一歩を踏み出す

「言いたいことをおっしゃったなら、もうお帰りください

 間もなく御子息様がいらっしゃいます

不敬を咎められたくはございませんでしょう?」「おめぇらほんと暇だな

あなたも好きかも:スロット リング ゾーン狙い
ガキに卑猥な言葉吐いて、何満足してんだ? 変態趣味か? お前らにだって仕事の話はあったろうが

それを断ったんだろ? 関わらねぇって決めたんなら、それで充分だろ

あなたも好きかも:ジャーメジャム
人ごとに口突っ込むなっつの」 淡々としたウーヴェの言葉と、小馬鹿にしたルカの言葉

 真逆の二人であったけれど、滲み出るのは本物の怒りだ

 カッとなった男の一人が、ルカの襟首を掴む

するとルカは、サヤを掴んでいる手と反対の手で、その男の手首を掴み返す

 グッと男に顔を近づけて、威圧感たっぷりの眼力で、睨みつけた

「それとな

俺はよ……自分の目で見て確認したことしか、信じねぇ

お前らに何言われたってな、全然響かねぇわ」 ギチッという音が聞こえた気がするのは、気のせいだろうか……? 手首を掴まれた男は、ルカの握力で、その襟首を離すしかない

痛みで顔を歪めるが、ルカはその手を離さなかった