パチンコ バジリスク 桜花 天井

パチンコ バジリスク 桜花 天井

……よかった

今日はバアバがいたはずだから」「オレ、まだそのバアバさんには会ったことないよな?」「……会わない方がいいと思うよ? バアバは……厳しいから」 大島家、二階にある優樹の部屋――

あなたも好きかも:スーパー ロボット パチンコ
 昨日と同じ、全身ずぶ濡れで現れた“お嬢様”に送迎ドライバーは「またですか!?」と焦っていたが、そこに一緒に乗り込んだ反町まで全身ずぶ濡れで、しかも、「内緒に!」と優樹に念を押され、更に困惑だ

そんな彼に運転を任せ、道中で“メイドのさっちゃん”へ事情を説明して良二の着替えの用意を、そして、家の者に見つからないよう、手筈を整えさせた

あなたも好きかも:パチンコ 浅草橋スターダスト
 大島家に着くと、「今がチャンスです!」とさっちゃんに促されるまま裏手から進入した反町は、エントランスで優樹が他のメイドたちを引きつけている間にさっちゃんの案内で彼女の部屋へ先に踏み込み、用意してくれていた着替えを受け取った

それからすぐ、遅れて優樹も現れ、ホッと肩の力を抜く

「さっちゃんが、あとで紅茶とケーキ、持って来てくれるって」「さすがさっちゃんさん

あなたも好きかも:京一 深草 スロット
送迎ドライバーの人もだけど、完全に優樹の味方だな」「いつも無茶言ってるから」「……同情するよ」「……、なんで?」 顔を逸らしてぽつりと呟かれて怪訝に眉を寄せるが、反町は「ううん」と笑顔で首を振り、「あ……」と、ソファを目で指した

「さっちゃんさんが良二さんの服を貸してくれた」「じゃあシャワー浴びた方がいいよね? 気持ち悪いだろうし」 気遣ってシャワールームを振り返ると、「なら優樹と一緒に」 そう告げられ、優樹は頬を赤らめて、にっこりと笑い掛けている反町にゆっくりと顔を向け目を据わらせた

「……流君、……、何言ってるの?」「ん? なに? なんで?」「……私はあとで浴びるから」「一緒の方がさっさと済ませられるよ?」「……、一人で浴びたいから」「なんで?」「……、だって、……恥ずかしい、し」 次第に顔を真っ赤にして顔を逸らす優樹に、反町は「……そうか」と、思い出したように目線を上に向けた

「そういえば……帰国して、全部脱がしてないな」「……」「じゃあ、ちょうどいいから」 「行こうか」と笑顔でシャワールームへ誘われ、「うん」とは言えない

 優樹はギョッと目を見開いて耳まで赤くし、後退りしながら強く首を振った

「う、ううんっ