ブラッドプラス スロット 演出

ブラッドプラス スロット 演出

なんとなく正面から突破して来そうな気がするけど』 その言葉に、周囲にいた騎士たちが「おお、ジンライ様が」と声を上げた

あなたも好きかも:錦鯉 オードリー パチンコ
 彼らはヨハンとマーゴの護衛として国を離れてこの地に同行しているハイヴァーンの騎士たちである

今やレイヴェル亡国領の浄化という役割が悪魔との戦闘メインに変わってはいたが、彼らはヨハンたちと共にここまで戦い続けてきていた

 そんな彼らにとって、ジンライという存在は今や非常に大きなものなのだ

何しろ槍の国として名高いハイヴァーンの出身者として牙の槍兵の二つ名を持って各地を巡り、今や猫騎士という二つ名を得てさらなる活躍を続ける大陸唯一のSS級冒険者……というだけではなく、現在のジンライの立場はハイヴァーン『王国』のライル国王の祖父でもあった

 かつてのバーンズ家の養子となったもののハイヴァーンに根付かず大陸を放浪していた人物が、今ではライノクスを救った救世主となり、王の祖父となり、今も国のために悪魔と戦い続ける英雄として扱われているのだ

 その事実が妙におかしくてマーゴが少し笑いながら「あらまあ」と口にする

あなたも好きかも:パチンコ 在日 比率
「確かにジンライさんならここまで突破してはきそうだけど、だったらこちらもじっとして入られないわね」 ジンライに恋い焦がれるひとりであるマーゴが、口元に手を寄せながらそう口にする

なんといってもあの数ですから

けれど、そこに我々が参戦するとなると、さすがに犠牲は避けられないかもしれません」 ヨハンの言葉に騎士たちが緊張した面もちになる

もっとも彼らは臆したわけではない

むしろ覚悟を決めた男の目をしていた