此花 パチンコ店

此花 パチンコ店

あなたも好きかも:サラリーマン金太郎 スロット
 そのまま『ヨゾラ』の前で立ち尽くす青年へと、銀髪の彼が微笑みかける

「おまえさん、墓参りかい」「あ、ああ」「ちと失礼するよ」 彼は墓前にひざまずく

 手に提(さ)げた花束を墓石に供えた

「そ、その墓は」「母さんの墓だ」「……君の?」「事情があって、十六年ぶりの里帰りでな

予想してたが、あそこまで叫ばれるとは……業腹だね

ついでに途次(みちすがら)で街中を巡って腹癒(はらい)せに彫像を粉々にしてきた」 彼が肩を竦める

あなたも好きかも:パチンコ あああ
 青年は震える手を伸ばした

「タガネ、なのか?」「俺を知ってるのかい」 彼が――タガネが目を見開く

「一つ訊(たず)ねたい」「うん?」「憶えてるか、墓所で出会った子供のこと」「さて、生憎(あいにく)と故郷の記憶自体が曖昧でね」「そう、か」「母さんと、あとは……『甘い菓子』って言葉が妙に引っかかるぐらいか」「…………!」「甘い菓子が、ここの特産品なのかい?」「いや……」「良けりゃ教えてくれな」「はは」 今度は感情を堪えきれなかった

 滂沱(ぼうだ)と涙が溢れる

「良かった、無事で……」「お、おい?」「少し待っていてくれ

あなたも好きかも:パチンコ シミュレート
今あのときの約束を……甘い菓子を持ってくるから」 青年はその場から走り去った

 あの日には戻れない

 厭うていた石の声に罪の意識で応えていた日々は返らない

その間にタガネを変えてきた、今に至るための苦難(くなん)の道も無かったことにはできない