スロット あるある

スロット あるある

数少ない肉親と仲違いしたままでは、本当の幸福は得られないのではないか

あなたも好きかも:パチンコ 1000
余計なおせっかいかもしれないが、そう考えてしまう

 故にリュウイがみずからの意思で職務を全うし、それによってミリュウに見直されようとしていたあの頃は、セツナにとって望むべくもない日々だったのだ

そんな幸福への道のりが破壊されたのが最終戦争の勃発であり、“大破壊”の発生だった

「ですから、我々は、いつかセツナ様がお帰りになられるときが来ると信じて、こうして龍府を護り続けてきたのです

なにせ、我々は龍府の守護者たる龍宮衛士ですから!」 胸を張って宣言したリュウガに、彼の部下と思しき龍宮衛士たちが拍手して盛り上げた

あなたも好きかも:ライトミドル パチンコ 確率
門兵たちもそれに習う

門兵は、龍宮衛士ではないだろう

鎧の隙間から見える服装が違う

あなたも好きかも:オンラインゲーム 注意点
ガンディア軍の生き残りだろうか

 現状の龍府では、龍宮衛士のほうが立場的に上であるということのようだ

「もっとも、この都がいまもこうしてなにひとつ問題なく存在していられるのは、守護神様のおかげなのですが」「守護神……か」 リュウイの発言に疑問は持たなかった

むしろ腑に落ちたというべきだろう

「不思議とは想っていたけど、やっぱり神様が絡んでいたってわけね」「神様といえど、多様にございます

なにも神軍に属するような神ばかりではございませぬ

マリク様やマウアウ様、マユリ様のように、話し合うことでわかりあえる神様もおられましょう」「でも、龍府の神様とやらがそうである保証はないわよ」「二年以上も護ってくれていたのなら、警戒する必要はないんじゃないかしら」「そう思いたいがな」 セツナが警戒心をむき出しにしたのは、自分のことがあったからだ

セツナは、黒き矛カオスブリンガーの使い手だ

黒き矛は、魔王の杖とも呼ばれる存在であり、ただの召喚武装ではなかった

魔王の杖とは、神々に徒なすものであり、「……なにか、勘違いしておられるようですが」「ん……どういう意味だ?」「皆様は、なにやら本物の神様が龍府を守られている、と考えておられるのでは?」「そうだけど……違うのかしら?」「ほかにどう捉えようがあるのよ、あんたの説明」「これは言葉足らずで申し訳ありません!」 リュウガが思い切り頭を下げてきたため、セツナは唖然とした