パチンコ デビルマン251

パチンコ デビルマン251

 ……二年もの間、この日が来るのを待ち望んでいた

無念だっただろう、翔太の想いを晴らす為

吉村たちだって同じだっただろう

 自分が無力であったことは、昔も今も変わらない

ただ、今このときだけは翔太と向き合いたかった

 あの時から止まってしまった時間――

無理矢理止めてしまった針を、少しずつ、動かさなくちゃいけない

あなたも好きかも:中村友哉 スロット
 見つめていた墓石の輪郭が歪み、優樹は大きく息を吸い込むと、空を見上げ、目を閉じた

「……時間がないって、流が言ってたのは……このことだったのか……」 ――墓場の影、敷地の外周を囲む枯れた桜の木の下で、遠い小さな姿を見つめて白川が呟いた

「……翔太先輩の命日……」「……」 寒い風がみんなの間をすり抜け、沈黙が続き、洋一は「よ……」と、根元に座っていた腰を上げた

あなたも好きかも:サイレントメビウス スロット ゾーン
「……さて、と……」 気分を変えるように顔を上げると、大きく深呼吸をして体中の力を抜いた

あなたも好きかも:梅屋敷 パチンコ
「……迎えに行くか

……あいさつもしなきゃーな」 ニッと笑って促され、みんなは笑顔で頷き、優樹の元へと近寄った――