ぽーかールール 役

ぽーかールール 役

 だが、突然風景が変わって目の前に一軒の建物が現れたときには、さすがにその建物が狐のお宿だということが理解できた

「な、なんと・・・・・・」「まさか、私たちが・・・・・・」「冗談だろ?」「信じられない」 口々にその思いを口にしたウイードたちをみて、女の子は首を傾げながら聞いてきた

「泊まらないの?」「泊まります! いえ、泊まらせていただきます!」 慌ててそう口走ったウイードに、女の子は不思議そうに首を傾げた

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 女の子に案内されるままに狐のお宿に一泊

 朝になってメンバーのひとりが呟いた

「はあ~

あなたも好きかも:スロット 疑似ボーナスとは
とっても満足したわ

あなたも好きかも:大学院 ぱちんこ
出来ることならもう一泊したいくらいね」「そうよね~」 女子同士が頷き合っている

 もっとも、彼女たちの話を聞くとはなしに聞いていたウイードも全く同感だった

 出された食事もきっちりと管理された露天風呂も今まで泊まった宿のどこよりも素晴らしかった

 これだけのもてなしを提供しているのにも関わらず、料金が高額ではないのもポイントが高い

 十分に満足が出来たウイードたちは、宿のカウンターへと向かい、そこでぽつんと置かれた不思議なものを見つけた