ザ・トリリオネア

ザ・トリリオネア

隕石群の第一陣が巨大化したシーラによって一掃されたことを受け、第二陣は、さらに数を増やし、広範囲に落下するようにしたようだった

第一陣の隕石群だけでも南大陸は壊滅的な被害を受けるはずだったが、それ以上となれば、当然、それ以上の被害が出るのは間違いない

あなたも好きかも:スロット テンパイラッシュ
もしかすると、南大陸のみならず、周辺の島々にも悪影響を及ぼす可能性もあっただろう

 だが、セツナは、ナリアの内包する宇宙に第二陣の隕石群を目にしたときには、対策を考慮し、そのために動いていた

第一陣は、白毛九尾の巨大化によって難なく撃滅できたが、第二陣は、そうはいかないだろう

あなたも好きかも:ルーレット 簡単
なぜならば、シーラは、隕石群を破壊後、すぐに元の大きさに戻ってしまった

それが意味するところは、超巨大化がなにがしかの加護、支援を受けてのものか、シーラの最大限の力を発揮してのものだということだ

そしてそれは、そう簡単に連発できる類のものではないはずだ

消耗が激しく、負担が大きければ、そうなる

 ほかの仲間たちが全力を用いてどうにかできるか、といえば、できそうではあった

なにせ、海神マウアウがどういうわけか参戦し、協力してくれているというのだ

あなたも好きかも:カジノ チップ 遊び
マウアウ神やマユリ神らが力を合わせ、そこにファリアたちの全力を併せれば、第二陣の隕石群を吹き飛ばすことも不可能ではあるまい

ただし、それができるかどうかはまた別の話だ

 ナリアが、第一陣と同じ過ちを冒すとは考えにくい

 つまり、ファリアたちが隕石群の迎撃に全力を注ぐことのできないよう、なんらかの手を打っていると考えるべきであり、そのため、ファリアたちが隕石群を対処できない可能性を考慮して、セツナは行動しなければならなかった