めぞん一刻 スロット 歌

めぞん一刻 スロット 歌

「なんだ、あの超回避」『モロボシくん! こちら司令部! 総司令の私だ!』 何やら通信が入った

あなたも好きかも:パチンコ デビルメイクライ4 新台
戦闘中だぞ

『ベヒロン星人はタキオンワープという技を使う! 銀河を駆け巡るための能力だな

隙を突かない遠距離攻撃は効かないと思ってよい』「はー、やっぱり時代は近接戦闘か」『メーザー兵器部隊もこのタキオンワープには苦しめられたのだ

くれぐれも注意してくれたまえ

あなたも好きかも:パチンコ x
以上だ!』 通信が終わると共に、ベヒロン星人が目から怪光線を撃ってくる

 回避は、できない! 光線を避けるほどの軽やかな動きは、さすがに合体ロボには不可能なようであった

 俺は、甘んじて怪光線を電磁バリアで受け止めながら、ベヒロン星人に向けてテラガイアーを突進させた

 突然の突進にベヒロン星人は怯んだのか、怪光線の照射を止めてしまう

 よし、ここで左腕の武装を解放だ!「テラガイアードリル!」 円錐状のドリルが回転し、ベヒロン星人の胸をえぐる

あなたも好きかも:スロット 用語
「さらに胸からテラガイアーバルカンだ!」 火花を飛ばしながらベヒロン星人がのけぞる

 さらに右腕からミサイルをゼロ距離射撃だ

 大爆発を起こすベヒロン星人

煙がモニターをおおうが……

 ミサイルの煙が晴れたところで見えたのは、手刀に光をまとわせたベヒロン星人の姿だった

 ベヒロン星人の手刀から光の剣が伸び、奴はそれを振るいテラガイアーの胸部を切り裂いてくる

「うわっ!」 コックピットから火花が散る

電磁バリアはまだ強度が残っているが、バリアを突破してテラガイアー本体にダメージを与えてきたのだ