オンラインゲーム ボードゲーム

オンラインゲーム ボードゲーム

目を見開いて硬直していた彼女は咄嗟に椅子を立ってゴミ箱に近寄りそこを見下ろし、腰を曲げて手を突っ込み入れるとガサガサと探って丸めた紙を取り上げて広げ、確認した

「……うぅー

……ごめぇーん……」 華音は半べそ気味に顔を歪め、注目するみんなをそっと見回した

「かのんだったあー……

優樹のメモ、捨てちゃってたぁー!」「はあっ?」 みんなが顔をしかめると、華音は半べそのまま、くしゃくしゃになった紙をテーブルに置いた

あなたも好きかも:ぱちんこ キャプテン翼2020
そこには確かに、優樹の文字で【傘がなくて、走ってここまで来て雨に濡れました

あなたも好きかも:javascript ルーレット 回転
寒いし、誰もいないから、椎名先生のトコに行ってます

雨で携帯電話が壊れたようなので、連絡が取れません…(涙)

優樹より】と書かれてある――

「……ちょっと! なんで捨てたの!?」 生美に睨み怒られ、華音は首を縮めるとべそ気味に上目を向けた

「気が付かなかったのぉーっ! 濡れた鞄の下にくっついてたからただの紙屑だと思ってぇー! まさかメモがあるなんてぇっ

……今時メモなんてぇーっ」 責める視線に耐えられず、華音はサッと傍にいた大介の後ろに隠れるが、「アホッ!」と彼にも振り返り睨まれ「……ぐすん」と拗ねて俯いた

「……ちゃんと書いとるやん