ワイルド・ロボ・ファクトリー

ワイルド・ロボ・ファクトリー

 そんなこんなと色々と五月蠅くなった中で風音達は逃げるように村から出たのである

あなたも好きかも:パチンコ 時間短縮とは
いや、予定通りに出ただけなのだが、しかし気分的には逃亡者だった

「まあ、スキルが発動したときに人が少なくて良かったよ

ディアサウスとかで使ってたらいろいろとやばそうだったし

スキルの設定も偽りの威圧レベルに今は落としておいたから、次からは大丈夫だよ」 確かに人の多いところでアレが発動したらと思うと、弓花達はゾッとした

まさしく惨状と呼ばれる状況が発生することになるのは間違いないだろう

あなたも好きかも:スロット テイルズオブデスティニー アプリ
 ちなみに今回手に入れたスキルは『魔王の威圧』以外には『ブースト』『ハイダッシュ』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス』とひとつを抜かして有用なモノばかりである

 『ブースト』は風の力で一気に跳躍し、『ハイダッシュ』はダッシュよりも早く走り、小回りも利く

『猿の豪腕』は文字通りの怪力スキルで握力が特に強化されるようだった

あなたも好きかも:ナムコ スロット アプリ
そして『二刀流』はランクBクラスの二刀流の剣技を扱えるスキルである

また『オッパイプラス』はどうでもいいので省略

風音はそれを一刻も早く上書きするなりして消したかった

複乳を見られて引かれるならまだしも『あれ、蚊にでも刺されたの?』とか言われたら、その相手を生かしておく自信が風音にはなかったのだ

例えそれが善意の言葉であっても、例えそれが親友の言葉であっても、具体的に言えば弓花の言葉であってもだ

「そうなったら、私は弓花を殺しかねない」「なんで殺されるの私!?」 いきなりの親友の殺害予告に弓花は戦慄した

思ったことを時々口にしてしまうのは風音の悪い癖である

「ああ、ごめん

弓花じゃなくても殺しかねないんだよ」 無差別であるらしい……と、弓花以外のメンバーも戦慄した