愛知 パチンコ 感謝デー

愛知 パチンコ 感謝デー

さっさと終わらせて話を続けようぜ?」 ライが立ち上がり、それに続くようレイ、エマ、フォンセも立ち上がる

 リヤンは一瞬迷ったが、周りに合わせて立ち上がった

あなたも好きかも:金沢 パチンコ 延長 営業
 それを見たダークは頭を掻きながらライたちに言う

「……まあ、お前達が強いってのは分かるが……一応俺はお前達の敵に値するんだぞ?」 敵である自分に手を貸すとはどういう了見か

と問うダーク

確かにライは侵略者

この街を征服するに当たって、手助けせず街がダメージを負うという事を待った方が侵略もしやすいだろう

「だから、『敵として手伝ってやる』んじゃねえか

敵を倒すためにその邪魔をする敵を倒す……

何もおかしくねえだろ?」 ライの言葉に、"一本取られたな"的な表情をするダーク

 つまりライは、街の崩壊を見守るのでは無く自分が征服するに当たって厄介な障害となりそうな魔物を仕留めると言う事

 街がダメージを受けるのを待ったとして、街が無くなってしまったら元も子も無い

あなたも好きかも:オリエント・エクスプレス
なのでそれを阻止する為に手助けすると言う事なのだ

「はあ……よくもまあ、そんな面倒臭い事が出来るな……俺ならやらないね」 そしてダークに言い聞かせ、ライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤン? も一時的に手を貸す事となる