髭 原 人 スロット

髭 原 人 スロット

『本当に、戦争になるの?』加えて、師匠であるジュリアンとの別れもあるが、これからの時代にも弟子のエリファスが怯えているのも判った

2人きりの旅になって、酒場に寄って食料も共に"情報"も仕入れる際に、国の不穏な状況はエリファスの耳にも十分入っている

あなたも好きかも:パチスロ 笑うセールスマン3
"魔法の絵本の1ページ"が蓄えた情報と、酒場での情報を照らし合わせたのなら、争い事が起きるような国の状況であることは、"傭兵の職業に縁のある大人"、成人に満たぬとも思春期を越えた年頃なら、それなりに予測出来る

しかし、そういった情報が揃っていても、まだ心の成長が伴わない、そして心根の優しい娘には、あまり芳しくない現実が迫っている

そうなると"知識"だけあった時の方が、争いといったものを、そこまで怖がってはいなかったように見えた

あなたも好きかも:パチンコ 潜伏台
人の気持ちを理解して、思いやる事を学んでしまった事で上で芽生えた優しさ―――"情け深さ"が、エリファスの恐怖を感じてしまう事へと繋がっている

でも、それは決して悪い事ではないし、"銃"という最強の武器を使うに当たって、尤も必要な優しさ、《苦しまないで死の安らぎ》という、"残酷さ"を引き出す鍵ともなる

『"魅力的な女神"の傍らを、他の国の奴が羨む気持ちも、俺には判らないでもない

そして、優しい女神が静かで何も文句も何も言わないからって、ほったらかしにしている状態に見せている、その国を奪ってやろうって、野郎の気持ちも俺には判らなくもない』それから今まで自分が愛用していたホルスターを、徐に外して、"娘"を手招く

あなたも好きかも:123 スロット 大阪
エリファスは無言で、師匠であるジュリアンの前に膝待つく

『でもな、結局一番大事なのは"女神の気持ち"

誰と共に、その場所に居たいと思うかの、女神の―――"国"の気持ちだ』『"国"の、気持ち?』エリファスが躰の大きさそぐわない、幼さを感じさせる仕草で首をかたむけた

『でも、師匠、"国"は言葉なんてもたないよ』『―――エリファスは、ロブロウという、アプリコットのお祖父さんが納めている領地が好きだって言っていたよな』弟子の質問には答えないで、言葉を続けながら、ジュリアンはエリファスにホルスターを身に付けさせ始める

エリファスは皮のホルスターに腕を通しながら、頷いた

『ロブロウって領地も、セリサンセウムって大きな国の中で、西の部分を造ってくれている場所だ』『それは、ロブロウって場所が好きなら、セリサンセウムを守らないいけないってことに繋がるの、師匠?

ロブロウはセリサンセウムっていう国があるから、友だちのアプリコットが住んでいる私が大好きな高い渓谷や、コスモス畑にも繋がるから、守らないといけないってこと?』『エリファスは、相変わらず頭がいいな

で、ホルスター、ちょっと、サイズが合わないか

こりゃ、エリファスのは作り直して貰った方が良いかもしれないな』背の高い自分に、賢者が銃と合わせて、与えて貰った銃のホルスターは、まだ平均的な年頃の体つきのエリファスには、大きすぎる