大村 パチンコ イベント

大村 パチンコ イベント

 少子高齢化が進んで、小説を読む人数自体が減っていること

 なによりSNS主流の現在「楽しくない小説は読むだけムダ」という考え方が蔓延しています

「この○○っていう小説面白かった!」というツイートひとつで売上が左右されることもあるのです

あなたも好きかも:花火 スロット 閃光スペシャル
 純文学(文学小説)は読んでも「面白くない」から読まれなくなった

 面白さを期待してお笑い芸人・ピースの又吉直樹氏『火花』を読んだけど、やっぱり純文学(文学小説)は面白くない

 こう思われてしまったので、純文学(文学小説)はとんと売れなくなりました

 今は大衆小説(エンターテインメント小説)が淘汰の時代を迎えています

 固定の読み手が大勢いる「恋愛」「推理(ミステリー)」「空想科学(SF)」「歴史」「時代」「企業」は生き残れるでしょう

 しかし面白さが伝わりづらい「ホラー」や「宇宙」、また核家族化とニート増加により「ヒューマンドラマ」がみるみる縮小してきています

あなたも好きかも:交換率情報
『小説家になろう』ではさらに「アクション」が「ハイファンタジー」に乗っ取られてきているので、消滅の危機かもしれません

あなたも好きかも:スターワールド カジノ
「ファンタジー」が今ではライトノベルの代名詞となっているのです

 ライトノベルは「ハイファンタジー」が主流ですが、ローファンタジーや異世界恋愛や現実世界恋愛も手厚く、固定ファンがいることがわかります

 今最短でプロの書き手になりたければ、「推理(ミステリー)」小説か「歴史」小説の「小説賞・新人賞」を狙いましょう

 このふたつは相当知識がないと書けません

「推理(ミステリー)」には「密室とトリックとアリバイ」を成立させるための科学・化学を中心とした広範な知識が必要です

「歴史」には膨大な史実を憶えるほどの記憶力が要ります

 だからこそこのふたつがプロデビューの狙い目なのです