アポロ パチンコ 野々市

アポロ パチンコ 野々市

肩の上に乗ったちびふわは、最初はきりっと周囲を見回していたが、のんびりとした森歩きに、ちょっと眠たくなってきたのか目が虚ろになってきている

そのくせ、落ちないようにポシェットに入るように言うと、ぷいっとそっぽを向いて断固拒否するのだ

落ちてしまったらと不安でならないのだが、その場合は、すぐ斜め後ろを歩いているシェダーが受け止めてくれるだろうか

あなたも好きかも:パチスロ 押す 番長 天井
(街に近いところに下りたと言ってはいたけれど、この様子だと一時間くらいは歩くのかな………)既に半刻ぐらいは歩いている

背の高い木が多いから見えないだけなのかもしれないが、まだまだ街が見えてくる様子はないのでそんなことを考えていると、ネアはふと、ほんの先程まで聞こえていた小鳥の囀りがぱたりと途絶えていることに気付いた

(……………何か変だ…………)何かの予兆だろうかと思い振り返ると、シェダーが指を唇に当てて声を出さないようにと合図を送ってくれる

あなたも好きかも:9日 スロット イベント 大阪
思わず周囲を見回してしまいたくなる衝動を律し、ネアは小さく頷くと、ぐぐっと背筋を伸ばした

首筋がちりちりとするような気配に、何か良くないものが迫っているのだろうかと思うものの、シェダーは穏やかな微笑みを崩さずにいてくれるので、どうにかしてくれそうだなという不思議な安心感もある

あなたも好きかも:ロードオブヴァーミリオン スロット 設置店
(…………それに、いつの間にか擬態してるわ)何時の間にやらシェダーは藍色の髪の男性に擬態していた

すっと手のひらを水平に動かされたのは、そのまま止まらずに歩くようにということらしい

先頭を歩くゾーイは、気にした様子もなくのんびりと歩いているのだが、先程までの退屈しきった様子とはまるで違う、どこか愉快そうな気配が伝わってくるので、この異変に気付いていないということでもないようだ

少しだけ歩くその間に、ひゅっと黒い影のようなものが太陽を翳らせた気がした

元々、森の木々に陽光が遮られているので、影が揺れるのは気のせいと言えないこともなかったが、何か大きなものが空を飛んでいるのかもしれない

もしや、先程の海竜かなとも思ったが、シェダーとゾーイの表情を見る限り、あの海竜が帰って来てしまったとは思っていないようだった

ざわりと、木々が揺れる

決して風のせいではないその軋みに、足を止めて身構えてしまいそうになった

「……………ネア、もしかして足が痛いのか?」「………………む