愛知 スロット イベント 知多

愛知 スロット イベント 知多

短い時間だったとはいえ、倉敷は幸彦と共に戦った

一緒のチームとして助けられたし、気遣ってもらった

精霊術師として生きてきた倉敷にとっても、幸彦の存在は大きかったのだ

「だからってんじゃないけど、張り切るなっていうのは無理だ

あなたも好きかも:港区 パチンコ屋
でもお前みたいに気負いすぎるのは一番よくない

試合の時も、スタートの時は練習の時と同じくらいのテンションの方がいいんだよ」それは対人スポーツをやっている人間だからこそ感じることだった

あなたも好きかも:パチンコ ルルーシュ 天井
倉敷にとって戦いが試合と同じなどというつもりはないが、気負いすぎていては勝てるものも勝てなくなるのは道理である

「いつも通りってのは口で言うよりずっと難しいかもしれないけどさ、もうちょっと肩の力抜けよ

あなたも好きかも:スロット 呪怨 再誕 狙い目
お前らしくもない」実戦になれた康太がこういった場で、妙に気負っているというのは確かにらしくないのかもしれない

倉敷の言うように、口で言うのは簡単だ

だが実践するのは至難の業だ

今の倉敷だっていつもの自分らしくないセリフを吐いているという自覚はあるのだろう

だからこそ、あえて康太にはいつも通りであるように努めさせようとしていた

文が康太をいつもの状態ではないといった時から、これは必要なことだと理解している

このチームは康太が中心になっているのだ

その康太が崩れてしまっては、このチームは成り立たない

成り立ったとしても、危険な状態のままだ

「あいつの顔を・・・ってか仮面を見るとどうしてもな・・・気楽に行けってのは無理な話だろ」「無理でもだよ