パチンコ 営業停止 愛知

パチンコ 営業停止 愛知

「……テテュラちゃんの欲しかったものは何?」「欲しかったもの?」「殿下や姫殿下の命? 栄光? 世界の平和? ……違うよね……」「私が望むのは、こんな世界の……」「ううん、違う

テテュラちゃんが欲しかったものはきっとそれじゃない!」 テテュラの意見を無視し、まるでわかっているかのように強く否定する

「ふざけないで

あなたも好きかも:松阪市 パチンコ 優良店
私が欲しかったものは、生まれ持った才能だけで命を奪われる世界を変えることよ! 勝手なこと言わないで!」「勝手じゃない! テテュラちゃんが欲しかったものはもっと別にある! 絶対そんなことじゃない!!」 雲行きが怪しくなり、ヒートアップしていく口論にどうすればいいか、おろおろしてしまう

あなたも好きかも:パチスロ 無料 パソコン
 こんな怒り方をするアイシアに、俺の方が動揺する

 ハイドラス達も俺同様に心配そうにしたり、おろおろしてしまうが、リュッカだけは悟ったような哀しげな表情をしていた

「リュッカ……?」「……大丈夫だよ」 その表情の意図を尋ねるように呼びかけると、その一言だけ返ってきた

あなたも好きかも:新基準 スロット 撤去
 見守ろうと言われているかのような柔らかい言い方

「――いい加減にしてっ!! 私の気持ちを知っているのは私だけなの!! 貴女になんてわかるわけがない!!」「そんなことない!! だって、だって……私は自分の気持ちなんてわからないもん……」「は?」「テテュラちゃん、今言ったね? 自分の気持ちがわかるって

私はわかんないよ、今、もうぐちゃぐちゃなんだよ

だけどね、これだけはしっかりあるの……テテュラちゃんは止めなきゃって

こんなこと、友達にさせちゃいけないって」 どちらも本心から出た言葉だろう

 怒りに叫ぶ声は、めちゃくちゃな感情を吐き出すかのようだが、その中には止めなければと必死な感情も入り混じる

「テテュラちゃん……本当によく考えて

本当にそれはしたいことだったの? ただ同じ境遇の人に同情して、そうしなくちゃって思っただけじゃないの? それはしたいこと?」 その意見に対し、テテュラはカチンと来たのか、形相が変わるが、「貴女――」「よく考えてっ!!」 物凄い剣幕で叫んだ声は、テテュラの感情を払拭した

 真剣に怒ってくれるアイシアを見て、考えるテテュラ

昔の自分には、こんなに人を思うことがあっただろうかと

 ――ふと思い浮かんだのは、家族だった

 テテュラは貴族の家系で代々水属性持ちであることが多いことから、ちょっと有名な家系であった