スロット ゴルゴ13 設定差

スロット ゴルゴ13 設定差

それにユッコネエが対抗心で「にゃーにゃー」と鳴いていた

「ここで貴様等を止めてみせる

クーロ、手伝え」「あ、僕は無理です」 すでに壁が崩れ落ちた封印の間の中から、クーロの拒絶の声が響いた

「なんだと?」 予想外の言葉にベネットがクーロを睨みつけるが、クーロは涼しい顔でベネットに言う

「兄さんからは許可を取っています

僕は二人の治療を行っていますので、ここを護るだけで精一杯です」 瓦礫などをアダマンチウムの折り紙の壁で防いでいたクーロはそう答える

ベネットが怒りの眼差しをクーロに向ける

「貴様、裏切るのか?」「いいえ

僕は役割を果たすだけ

あなたも好きかも:パチスロ エウレカ2 天井
ジンライさん、どうであれ、僕はこちらの二人をお守りします

それをお忘れなく」「ほお?」 ジンライが目を細めてクーロを見る

嘘を言っている様子はない