白鳥 パチンコファン

白鳥 パチンコファン

 それらが、宝玉の成長に関わっているとは、思っていなかったのである

「ああ、もちろんそれらのこともあるがの

それらは、想像通り大したことは無い

ここまで成長できたのは、前にもいったと思うが、吾との夜の営みのおかげだの」「・・・え!? そ・・・そうなの!!!?」「こんなことで、嘘をついてどうする? それに、前にも言っただろ?」 確かに以前、宝玉の成長に考助とのナニが関わっているということは聞いていた

あなたも好きかも:コナミスロットマシン
 だが、それは神力というか、宝玉の<格>に関してだけで、城そのものが成長するとは思っていなかったのだ

「いや、そうなんだけど・・・流石に予想外すぎて」「まあ、ぶっちゃけてしまうが、コウスケ殿の精は、我にとっては血を吸うのと変わらない、というかそれ以上の力になったようでの

それに合わせて、宝玉の<格>も上がっていった」 シュレインの力そのものとも言えるヴァミリニア宝玉は、その持ち主(シュレイン)の力が上がれば、それに合わせて当然<格>も上がる

 宝玉の<格>が上がれば、城の<格>も上がるというわけで、城自体もここまで成長(?)したというわけである

あなたも好きかも:パチンコ バイト面接 服装 女
 ついでに言えば、宝玉の<格>が上がったということは、シュレインの力が上がったということになる

「・・・ええと、それは、あれなおかげで、シュレインの力も上がったってこと?」「そういうことだの」 照れることなく答えるシュレイン

 それを見た考助は、何となく嫌な予感を覚えた

「あの・・・もしかしなくても、一族の皆さんは、それを・・・?」「勿論知っておるぞ?」 あっさり断言したシュレインに、考助は逃げ出そうと反転した・・・が、何者かがその考助を捕まえた

「はっはっはっ

ここまで来て、逃げるなんて、許しませんよ

諦めてください」 いつの間に現れたのか、シュレインの側近の一人であるゼネットが現れて、考助の腕を捕まえてたのである