パチンコ 戦国恋姫2

パチンコ 戦国恋姫2

そして、海から出るとササっと甲板へと飛び出て戦闘準備している三十人ほどの海賊たちを五秒で首筋を叩いて全員気絶させる

そのまま、船尾に走って行き、盛り上がった艦橋に駆け上がり操舵手、そして偉そうな船長っぽい腹の出た中年そして俺に向けて、短銃を構えてきた若い男たちを一瞬で気絶させて、そのままマストに駆け上がり先端の見張り台に立っていたスキンヘッドの老人を気絶させそのまま、甲板へと飛び降りて、甲板に寝かせる

さらに、甲板から階段をかけおりて船内を駆け巡って、大砲の砲手から、雑用係っぽい少年さらに船室で隠れていた男まで全て一人も残さずに気絶させて、船内の気配が消えると今度は一人ずつ全て甲板に抱えて連れていく

ついでに船室から縄をありったけ見つけてきて全員を甲板に縛り上げた

筋肉質で焼けた男たちが、目の前で百数十人で気絶して寝ている

それを見下ろしながら「で、これからどうするんでゲスか?」「んーと、ちょっと待ってね

あなたも好きかも:元旦 パチンコ 勝てる
 いけるわ!船尾の艦橋に向かってくれる?」艦橋の階段を上ると「よし!操舵輪に触るのよゲスナルド! このままだと貨物船に当たるわ!避けるのよ!」いきなりの無茶ぶりは覚悟していたので黙って大きな操舵輪に触る

そしてドルナジャが指示する方向へと右へ左へと操舵輪を回しながら前方へと進んでいく海賊船を波に乗りながら動かしていく

あなたも好きかも:グレッタ カジノ
貨物船の五十メートルくらい横に付けてこっそりと錨を降ろすと俺は再びドルナジャごと海に潜る

そして、貨物船の船体をよじ登って見つからないように、甲板へと戻る

あなたも好きかも:台湾 カジノ オープン
甲板にはバーシャとドドンガも出ていた

俺を見かけると駆け寄ってくる

「……ゲスナルド、海賊船、もう倒したんでしょ?」「水夫たちが様子がおかしいと騒いでるだすよ」俺は頷いて「縛り上げた海賊たちはどうしたら いいと思うでゲス?」「小舟に乗せて、海に流しちゃいなさいよ」ドルナジャが小声で言ってくる

そういう答えは予測していたので、こいつには聞かなかった

ドドンガは腕を組みながら「うむー船員たちの話だと、近くを海軍の船が通るらしいだすよ

 それを待って引き渡すのはどうだすか?」「船が欲しいのよ!船まで接収されたら意味ないでしょ!」ドルナジャが俺のマントの中で喚いてくる

バーシャが腕を組んで身体をひねりながら「むむむむ………んむむむむ……」と何かを考え出した