マブラヴ オンラインゲーム

マブラヴ オンラインゲーム

 チゼルは準備室からそっと顔を出した

 最後の生徒が退室した瞬間であり、物音に気づいたダウルが振り返る

手招きする彼の下へと歩んでいった

 既にそこにエノクとカスミが待っている

 だが、その表情は渋かった

 そこで、あっとする

 机の上には薬湯があった

 湯気を立てる小さな深緑の水面が湯呑みの中で揺れている

 チゼルはまるでもう飲んだように顔に渋面を作りながら、それを手に取った

あなたも好きかも:テレビ 大阪 パチンコ 番組
 薬湯は一種の合図でもある

あなたも好きかも:マギー審司 パチンコ
 主にダウルが真面目な話をするとき、決まって目の前に薬湯が供された

チゼルが度を超えて周囲に迷惑をかけたときなどの説教前には頻出する

あなたも好きかも:海 スロット 天井
 因みに

 これを断ると避けるほど事態に自覚的であると言外に語っているようなものなので、殊更に説教を長くしてしまうのだ

 ――これが出てきた、ということは

 ちら、とダウルを見やる

「ごゆっくり」「ボク、また何かした?」「チゼル、逃げてはいけないよ」「ダウルはボクの味方だろ」「君に降りかかる理不尽に対して盾になる覚悟はあるけれど、今回はそれではないからね」「…………?」「二人とも、後は頼んだよ」 ダウルが静かに去っていく

 チゼルは二人へと向き直った

 やや緊張した面持ちのエノクに対し、変わらなず取り繕わない笑顔のカスミはまるで対比のように、これから話される話の孕む光と影の側面を表しているようである