ライディーン パチンコ スペック

ライディーン パチンコ スペック

楽し気なバウスマーを無視して俺は真上に意識を集中する

心を完全に落ち着けて海賊船上へ広がる無数の敵をどう殲滅するか、何パターンものイメージを頭の中で練っているとブチブチブチ……グチャ、キキキキキキキィ……などと不快な何かが千切れる音や巨大な固形物が軋む音がそこら中から立ち始めた

あなたも好きかも:basara3 スロット 設置店
メルダの身体に入ったバウスマーがゆっくりと浅黒い右手を掲げると海賊船の周囲全体を、真紅に鈍く光る球状のバリアで覆った

「汚いものが落ちてくるのでね」バウスマーが楽し気に上を見上げた瞬間にバリアにビチャッ、ババババ……グチャッなどと雨のような血液や体液らしきものや、まるで肉片や排泄物のような巨大な有機物がバリアの上にぶち当たり、ズルズルと下へと落ちていく

グロい光景だが、今から数十秒後に来襲する二千四百万とかの敵に集中しているので戦闘の障害になるかどうかしか気にならない

バウスマーは真紅の闘気を纏って、邪悪な笑いを浮かべながら「巨大生物なので、動くたびにこうもなる

 古い細胞が剥がれ落ちているようだな

あなたも好きかも:奈良市 パチンコ 優良店
 あぁ、そろそろ、この美しい雨が終わるころだ

 戦闘の邪魔にはならんよ

私の癒しにはなったがね」顔を上げて、見極めるとパッとバリアを消す

「さあ、カウントスリーで飛ぼうじゃないか」俺は無視して、一気に上方へと跳躍してそのまま暗闇の中を、海賊船の直上を駆けていく

バウスマーもついていきているようだ

あなたも好きかも:数字 ルーレット
真上の広大に広がった空間から、凄まじい数の生き物がひしめき合って降下してきているのが分かる

俺は立ち止まって、上に両手を向けまったく躊躇なく、両手を振り続け何十万という衝撃波を直上へと一気に放つ

意思の無い、機械のような生き物らしいので手加減は必要ない

隣に追いついたバウスマーが、足元に広大な真紅のバリアを張り「足場ではないからね