バイオ リベレーションズ スロット 中段チェリー

バイオ リベレーションズ スロット 中段チェリー

そこでマイカがスッと近くに寄ってきて俺の縄を再び結び直しながら「……暴力は……いけない……もう一度だ……」俺の手から錠剤の袋を取ってそして部屋の隅へと下がる

あなたも好きかも:パチンコ 高尾 評判
ミシェルはしばらく後ろを向いて「なんなの……何なのよ……クソッ……今すぐ、殺したい……」恐ろし気な雰囲気でブツブツと怖い独り言をしばらく呟きだした

魔族皇は、それを冷たい目で見下ろしている

な、なんか段々分かってきた

あなたも好きかも:ゴレンジャー パチンコ 甘
要するに俺は二人が暴力で決戦に走らないための抑制装置みたいなものらしい

縄が千切れるほどの俺が身体を動かして止めに入ったらマイカが間に入り、縄を結び直すわけか……

ま、まあ確かに今の俺なら二人同時に相手にしても、勝てるだろうしな

単純な暴力で言えばだが……

ミシェルはしばらく呟いた後に振り向いて怒りを必死に抑えながら「……薬の権利についての話をしましょう

 あれは、帝国中央図書館の禁書の棚から 私が許可を取って、借りた書物の中に 書いてあった製法を参考に私独自のオリジナル要素を 多々加えたものであって 決して、あんたのオリジナルではないでしょ? つまり、あんたに私が権利料を取られる覚えはないわけ」「……いや、あれは私のものだ

 サーマルトという、当時のその書物の著者に 製法の中核を教えたのは私だ

 そして、その薬はあまりにも効果が大きすぎるので 禁書として、図書館の最下層部へと封印したのだ」「私だって恥知らずじゃないから、 あんたが文書で文句を言ってきた直後に 借りてきた本に書かれている全ての文字に眼を通して、あんたの名前や 間接的にあんたの協力を仰いだって捉えられる 文章が無いか、何度も目を皿にして調べたわよ

 でもね……無いの!一文字も無いのよ! つまり、あんたが言っていることの根拠がないって ずっと前から言ってるでしょうが! 魔族国は腐っているけど、一応は法治国家なのよ!? 根拠の一切ない文句言っても 裁判で百パー負けるっつうの!文明社会舐めてんの!?」左耳が……俺の左耳の細胞が壊死していく気がする

黙って、聞いていると今度は右側の魔族皇が「私が魔族国の国主であり、最高権力者だ

 法は私の下にある

まさか知らんのか?」凍えそうな冷たい声で言い放つ

右耳も何か凍りそうになってきた……

な、何かバウスマー戦よりも早くもしんどい気がする……

ミシェルは、今だとばかりに勢いよく「国を腐らすのは、そういう権力者の専横だって 知らないでしょ?さすが十万ラグヌス前の原人ね! あんた、魔族国で一番バカのモルシュタイン家の長女以下よ