ブラックジャック 6話

ブラックジャック 6話

二ノ葉、肩を貸してください」「ならば、私も付き合おう

あなたも好きかも:新大宮駅 スロット
なあに、たかだか鐘楼を鳴らすような仕事で、無茶をされても構わんからな」 護衛を買って出た芽衣に視線を投げるが、外傷はほとんど見当たらない

いつものような視線と、笑みの表情を向けられたつみれは、そこに含まれる何かに気づきながらも、黙って頷いた

 教師棟へ向かう三人を見送っていたら、傍に腰を下ろした白井が増血剤を手渡してくる

受け取って視線を投げた頃にはもうおらず――その時点で、ようやく、茅も腰を下ろす

「ああ、まったくだ

男のくだらない見栄だけれどね、まあ、芽衣がああしている以上、僕も情けない姿を見せるわけにもいかない」「殊勝だな

おい、そっちの二人は生きてるのか

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 無双
きつい酒を出されたら、氷を入れるって選択肢くらい、覚えておけよ」「――はは、皮肉が利いてるねえ

というか、円さーん、なんで俺らを医療室に運んでくれなかったわけ?」「え、なに、あんな初陣みたいな連中と一緒にされたかったの? 北上さんはともかく、ハコさんは嫌がると思って」「間違いなく嫌ね」「へいへい、わかってますよって

つーかハコさん、治療が雑だろ

あなたも好きかも:スロット 京都駅
あーもう、いいから、俺がやるから

傷が残るだろそれじゃ」「うるさいな……不器用は承知してるわよ

それともなに? 傷のある女は抱けないなんて贅沢を言うわけ?」「消えるもんまで残すなって言ってんだよ」 お互いに軽口を叩きあうことで、緊張を切らせない

治療をする前に眠りでもしたら、そのまま起きれないことを、誰もが理解しているからだ

 そのうちに、包帯がある、消毒液だと、手近な荷物を漁って出てきたものを、お互いに使って、交換して治療を開始した

もちろん応急処置で、死なないようにする、程度のものでしかない

快の言葉ではないが、あとで診てもらった方が良いだろう