平塚 パチスロ

平塚 パチスロ

そんなにお高い部屋でもあるまいし、気にするではない」 ホテルの宿泊代は、閣下のおごりということはなく、各々がそれぞれ支払っている

まあ、ヒスイさんの分は俺が一括で払ったが

 だから、ノブちゃんもしっかり料金を払っているので、何も気兼ねすることなどないのだが……

あなたも好きかも:ニノ国 カジノ
どうも、高級ホテルの豪華さに圧倒されているようだな

「ディナーも楽しみにしておくがよい

今日はよいオーガニックのソーセージが出るとのことじゃ」「わわ……オーガニックなんて稀少な料理を……私なんかが……」「ノブちゃんって、オーガニックそんなに食べたことないわけ? 両親の経歴からして、普段から食べていそうなものだけど……」 俺がそう尋ねると、ノブちゃんは首を振って否定した

あなたも好きかも:豊橋 パチンコ 優良 店
ノブちゃんの両親は、元々は惑星テラの自然保護区の中で生きていた、自然愛好家だ

「私自身は……あくまでアーコロジー育ちで……両親も贅沢をしない人達でしたから……」「へえ、しっかりとしたしつけを受けていそうだな」『ノブちゃんって養育施設育ちじゃないんだな』『子供育てるとかガッツある両親だ』『つまりノブちゃんには、幼馴染み属性が不足している……?』『ああ、乙女ゲームが趣味なのってそういう……』 ノブちゃんに友達が不足しているのは、確かだと思う

 一回コラボしただけの俺を追って、リアルでブリタニア国区まで旅行しに来るくらいだし

「さて、まずはディナーの前に着替えようではないか」 と、閣下にうながされ、キューブくんのカメラを窓際に向け、マイクロドレッサーでフォーマルな格好にそれぞれ着替えた

 慣れない格好にノブちゃんは、わたわたとしっぱなしだったが、なんとか落ち着かせてレストランへと向かった

 ディナーのマナーとかノブちゃん大丈夫かな、と思ったが、彼女は見事な所作でコース料理を最後まで食べきっていた