リゼロ スロット カスタム 登録

リゼロ スロット カスタム 登録

「セツナ殿は、直に旅立たれるそうで」 アレクセイ=バルディッシュがその話題を持ち出してくることは、想定の範囲内の出来事であり、ファリアは、書類と睨み合いながら素直にうなずいた

二日後だそうですよ」「二日後……ですか」「どうしました?」「いえ……少々、早すぎるように思いましてな」「そうですか? わたしとしては、随分長く引き止めたように思いますよ」 ファリアは、書類から祖父に視線を移し、告げた

アレクセイのいいたいこともわからないではない

確かに、ミリュウ隊の捜索が無事に成し遂げられ、リョハンに戻ってきてから二日後というのは、あまりにも早すぎるのではないか

もっとゆっくり休んでいけばいいのに、と考えもした

あなたも好きかも:札幌 パチンコ イーグルタウン
しかし、よくよく考えてみれば、それこそ大きな間違いだということがわかる

 ファリアたちリョハンの人間は、彼に頼り過ぎなのではないか

「第二次防衛戦に協力していただいただけでなく、消息不明だったミリュウ隊の捜索にまで協力してもらったのです

あなたも好きかも:ミリオンゴッド スロット ゲーム
それに、余計な手を煩わせたのもありますね」 ファリアは、祖父に向かって微笑みかけた

アレクセイ=バルディッシュは、相変わらずの渋い顔でなにやら考え込んでいたが、ファリアの笑顔の真意に気づくと、多少、気まずげな表情になった

あなたも好きかも:スロット 朝一狙い
セツナにファリアを攫わせたことを思い出してくれたに違いない

「セツナ殿としては、リョハンでわたしたちの無事が確認できれば、すぐにでもアレウテラスに戻る予定だったそうですし、ミリュウたちを無事探し出すことができたのですから、リョハンに留まっている理由はないわけです」 無事を確認するためだけ、というのは、少しばかり悲しいことだとは想う

しかし、セツナがそれ以上の想いを抱いてくれているのだから、なにも心配する必要はない

彼の想いは、ファリアの胸の中に確かにあったし、いまも強く息づいている

「セツナ殿がこの北ヴァシュタリア大陸に辿りつけたのは、西ザイオン帝国海軍の協力があったからです

セツナ殿が帝国との約束を果たすべく旅を急ぐのは当然のこと」 ファリアは、セツナとたっぷり思うまま話し合った数日間のことを思いだしながら、告げた

戦女神の執務室