戦国basara パチンコ 足利

戦国basara パチンコ 足利

「暇なら、後輩を連れてパトロールにでも行ってみては」「今更、パトロールかよ」「書類の整理でも、私は構いませんが」「偉いよ、お前は」 ある程度は予期していたのか、良く見ると腰には警棒のフォルダーが装着されている

 私もと言いたいが、学内は見回ったばかり

 ここは渡瀬さん達に譲るとするか

 塩田さんが渡瀬さん達を連れて出て行くと、ケイが鼻を鳴らして壁際から立ち上がった

「やっといなくなったな、あの馬鹿」「馬鹿ではないと思うけどね」 苦笑気味にたしなめる木之本君

 ケイは含みのある感じでにやにや笑い、ただそれ以上言うのは止めた

「さてと、私は何をしようかな」 特にやる事もなければ、仕事もない

あなたも好きかも:ラッキーニッキーカジノ
 とはいえ、何もしない事のは仕方ない

「ユウ」「何、お使い?」「そうじゃなくて

あなたも好きかも:鏡 スロット 規定ヘイ
今度生徒会内で会合があるから、意見を書いて」 モトちゃんが差し出してきた資料を受け取り、目を通す

あなたも好きかも:reゼロ パチスロ
 ほとんどが罫線で、冒頭に短くタイトルが書いてあるだけ

 「規則に関する意見陳述書」「何を書いても良いの?」「常識の範囲内でね」「それは任せて」「冗談は聞いてないんだけど」 真顔で言われても、結構困るんだけどね

 暇そうにしていたショウにも渡し、まずは思いつくまま別な紙に書いてみる

 思い浮かぶのは、やはり規則の改正

 管理案程では無いにしろ、気にするなという方に無理がある

 後は、編入して来た生徒の言動

 これも以前からあった問題ではあるが、それがより顕著になった感じ

 基本はこの二つ