スロット マイケルジャクソン

スロット マイケルジャクソン

「………ウィリアムさん?」「ネア、何でもいいから、俺に嘘を吐くんだ!!」「…………う、嘘を、?…………むむ、私はウィリアムさんとお友達ではありません!……」「……っ、………嘘だと分かっていても一瞬、どきりとするな

………ネアが声を聞いたのは、嘘の精だろう

あなたも好きかも:めぞん一刻 曲 パチスロ
食われると厄介だからな、今の内に幾つかの嘘を重ねておくといい

確か、………どれくらい重ねておけばいいんだったかな」(……………嘘の精)ネアはふと、そんな生き物がいたのだということをすっかり忘れていたことに気付いた

去年は色々あって失念していたが、戻り時の妖精と同時期に現れる生き物だったのは確かだ

(嘘を吐いておかないと、どうなるのだったっけ………?)そう考えながら、おかしなものがいるからと慌ててネアを持ち上げようとした魔物にぺたりと寄り添おうとして、ふっと視界が翳った

あなたも好きかも:ガンダム パチンコ 3テンパイ
嘘の精がどんなものなのかを、そして、戻り時の妖精が活動し始める頃に彷徨うものなのだと、ネアもディノも知らなかったのだ

あなたも好きかも:ブラックジャック ステイ
それは、そうして起こってしまった事件であった

ふっと、目眩のように視界が暗くなる

けれども完全に暗転はせずに、ネアはすぐに顔を上げた

しかしそこはもう、ネアの知る場所ではなかったのだ

「……………ほわ」つい先ほどまでルドヴィークと歩いてきたような薄闇がどこまでも続いている

ぞっとして小さく声を上げたネアに、誰かが耳元で口惜しいと呟いた

するとそれは今度は、どこかウィリアムの声に似ていた