ブックメーカーおすすめ

ブックメーカーおすすめ

そして、地面ごと凍らせることでレミリオンの足を封じ、さらに頭上に注意を向けさせ、左腕も切り飛ばした

これで、レミリオンの力の一部を封じた――そう、彼らは考えている

あなたも好きかも:化物語 パチンコ 甘 信頼度
(まあ、そんなことはないんだけど) レミリオンは、頭上を仰ぎ、吼えた

瞬間、彼と彼の眼前に迫った火球の間に分厚い大気の層が生まれ、熱気さえも阻んだ

むしろ涼しささえ覚えるのは、足下が凍り付いているからにほかなるまい

やがて大気の障壁に火球が直撃し、爆発を起こす

あなたも好きかも:パチンコ 万発とは
爆炎が吹き荒れようとも、彼には届かない

熱風さえも、遙か隔絶された世界の出来事となる

大気の障壁の向こう側、吹き荒ぶ熱風が世界を赤々と染め上げる中、彼は足を凍り付いた地面から引き抜くと、視界が煌めいていることに気づいた

(なんだ?) 彼は当初、それがついさっき網膜に焼きつくほどに荒れ狂った爆炎の残像なのかと想ったが、すぐにそうではないことに気づく

炎の残像ならば、もっと赤く、燃えているはずだ

視界に満ちたのは黄金色の煌めきであり、それがなんであるか悟ったときには遅かった

あなたも好きかも:パチンコ 総付景品
 つぎの瞬間、彼の見ている世界が黄金色に染まった

「黄金世界」 シヴィル=ソードウィンの冷徹な一言が聞こえたのは、グロリア=オウレリアが空中にいるときのことだ

 眼下、戦場となった円形広場は、全体が黄金色に染め上げられていた