偽物 パチスロ

偽物 パチスロ

*****「あ、ライトさん! そしてソフィアさん!」「もう~

ソフィアちゃんだけ勝手に行っちゃってさぁ~」「けど、何事もなく戻って来れたようだね」「しかし、凄い行動力ね

わざわざ着いて行くなんて……」「本当に

あなたも好きかも:パチンコ で 負け た 時 は
ソフィアは凄いね」「フフ、まあな

あなたも好きかも:スロット 燃えよカンフーレディ ドラゴン
想いを寄せる者の為なら何処へでも着いて行くつもりだ」「ハハハ……まあ、確かにソフィアの存在はボスモンスターとの戦闘とかで助けられたけど……」「え!? ライトさんとソフィアさん

あの町でボスモンスターと会ったんですか!?」「ああ

それについて詳しく説明するよ

あなたも好きかも:パチンコ ガチャガチャ
何だかこの世界の攻略に必要そうなアイテムも手に入れたしな」 数十分間も離れ離れになっていたユメ達と感動の再会を果たし、俺とソフィアは先程の町──“キー”の町にて起こった事を説明した

 と言ってもボスモンスターの存在はあまり関係する事ではないので軽く流し、最も重要であろう事柄

その町で貰った鍵についての事を詳しく話す

 詳しく話せる程に情報を持っている訳でもないが、重要そうなので丁寧に説明した

「──って事だ

それで俺の推測じゃ、この鍵が何らかの形で世界攻略のヒントになるかもしれないって訳だな」「成る程……確かに重要そうなアイテムですね……目的の無い鍵は、最も重要な存在になりますからね……」「“キー”の町で手に入れた鍵……“レコード”の街が世界の“歴史を記して”、“トラベル”の街が冒険者達の“旅”に関係していたように、確かに何かしらの鍵になりそうな町だね」「ああ

本当に鍵も貰ったし、音階とかのようなモノじゃなくてそのまま鍵と言う意味の“キー”の町だったんだろうな」 俺の説明を聞いたユメとセイヤが話す

 ユメの言うように用途不明のアイテムは必ず何かが起こる

そしてセイヤが言うように、何かしらの重要な事があった街はその名が事柄に関わってくる

 何となくで受けたイベント