本渡 パチンコ屋

本渡 パチンコ屋

身分や命令などには、縛られやしないのだと

 俺の命令なんて、糞食らえ! と、思っているのだと

 俺は……自然と口元が綻ぶのを、止めはしなかった

あなたも好きかも:カジノ グラブル ツール
 彼はきっと、父上の理念を何よりも大切にしているのだと思う

だから、後継という身分も捨てたし、医官にだってなろうとしたのだ

 ならば、彼は俺の条件を飲むだろう

医官になることが目的ではない

あなたも好きかも:スロット 換金所 時間
それは手段なのだ

彼は、父上の理念を守りたいがために、その道を選んだ

 俺が求めているのも、正にそれだ

「だが、俺に君が買われてくれるなら、許可を出そう

 君がその理念を掲げて生きれる道と、場所を、用意する

 そして……君を行かせなかった理由も話すよ」 しばらく、黙って見つめ合っていた

 けれど最後にユストは、顔を俯けて……大きく息を吐く

「……レイシール様、悪い男みたいな言動になってるって、自覚してくださいよ……」 そうしてから、小さな声で「買われます……」と、呟いた

 ◆ 道具の整理を待って、それから一緒に兵舎を出た