回線 オンラインゲーム

回線 オンラインゲーム

でも、君がこの前、自分から私に口付けしてくれただろう?あの時は不安ではなかったよ」ばさばさの真珠色の睫毛の影が、秀麗な目元に落ちる

切なげに語るその言葉に、ネアは何だか自分が酷い婚約者のような気がした

「…………またしてくれるかい?」「む

……ディノが安心してくれるなら、いつでもしてあげます」「君がそう約束してくれるなら、安心だね」「………………む?」ネアはぎりぎりと眉を寄せた

どうやらこの老獪な魔物は、ご主人様の隙を見逃さずに、ほろ酔いのネアからあれこれ戦利品を持ち出しているようだ

「むぐる」「………残念だね

あなたも好きかも:楽天edy ルーレット
このくらいまでかな」「確信犯です!さては、エシュカルを勧めたのはその為ですね!!」「困ったご主人様だね

エシュカルを勧めたのは、君が大好きだと喜んで飲んでいる姿が可愛いからだよ」「むぐぅ」不信感に荒ぶった人間は、うっかり魔物の手をばしばし叩いて抗議してしまい、叩かれたい系の魔物を喜ばせてしまった

あなたも好きかも:パチスロ 換金 方法
エシュカルを飲むのはこのくらいにしておこうぞと頑張ってグラスを置き、ネアは、ふとお隣のテーブルに案内されて来たお客さんの足元が気になる

あなたも好きかも:ピナクルカジノ
「…………む

お久し振りですが、ウィームで悪さをしてはいませんね?」「……………ふぇ

気付かれた」地面から少しだけ浮かせた足元

そんな効果を必要とする生き物を、ネアは一人だけ知っている

聞けば、ディノはお店に入って来た時から、ターバンの代わりに何だか可憐なもこもこに毛皮で裏打ちされた帽子をかぶった男性が、雲の魔物であることには気付いていたらしい