パチンコ アマテラス ツイッター

パチンコ アマテラス ツイッター

あれから五千年は経ってるから、宇宙に進出した星もあるけど、中世レベルの文明の星も少なくはなくてね

ま、後千年は恒星間でのやり取りはなさそうだけど」 そこまで聞いた弓花は、話が壮大過ぎて頭がくらくらして来ていた

あなたも好きかも:パチンコ ヴァンヘルシング 曲
いつものチンチクリン相手なら「何わけ分かんないこと言ってんのよ」とでも返して小突いてやるところではあるが、言っていることはマジっぽいのだ

あなたも好きかも:パチスロ 黄門 ちゃ ま 攻略
なので、ひとまずは話を聞き続けた

「で、見て欲しいのはここ」 風音の指差した先、光のラインの先のひとつで何か赤いものが増殖しているのが見えた

大神風音が手を左右に広げると、そこがズームして、星が何か赤いスライムのようなものに覆われているようであった

あなたも好きかも:市川 パチンコ店
「何これ?」「植民惑星のひとつだった星

まあ、そこで廃棄宇宙船のエネルギーコアを手に入れた何かが増殖して星ひとつを喰らってしまったみたいなんだよね

アレは増殖し続けて、いずれは宇宙全体に、この地球にも届くと思う

もしくはアレが放った種子なら百万年内でここまで到達するかもしれないって計算が出てる」 規模が大き過ぎて、弓花にはそれがイマイチピンとこなかったが、大神風音は「アレが私の次の目標なんだよ」と口にする

「私はあれに対処するために今は動いている

逃げるか勝つか

他にも宇宙にはあんな脅威がいくつもあったりするし、私はこれからも一惑星霊として自分の生存のために頑張らないといけない

分かるかな?」 大神風音が改めて弓花を見るが、弓花の頭の上には大きなハテナがあるようだった

「例え、弓花たちを蘇らせ終えてもね、私は別にただ世界を紡いで終わるわけではないってこと

犠牲ではないの

そういうことを私は言いたかったわけ

立場や存在自体がもう別物だけど、私は私でそういう世界でちゃんと生きてはいるんだよ」「えっと、ノーマン様たちはそんなこと言ってなかったけど?」「そりゃあ、知らないもの