パチンコ 最大 台数

パチンコ 最大 台数

 連載はたとえ人気を博していたとしても、ダラダラと結末(エンディング)を決めずに書いてはなりません

あなたも好きかも:スレイヤーズ パチンコ 曲
 長引いてしまうと書き手は「エピソード」のストックが尽きますし、読み手もダレてきて惰性で読むだけになるからです

 そうなると評価は急落します

 知識の及ばない書き手が、読み手の得意分野に挑戦すると、書き手の筆力だけでは足りなくなるのです

 だからとしゃにむに挑戦し続けても、ムダに「リソース」を費すだけ

あなたも好きかも:カジノ ゴト
 そうなると苦労の割に報われず、他の書き手に漁夫の利をさらわれてしまいます

 たとえ「文豪」であろうとも成功するはずがないのです

 だから連載においては反響が思わしくなくて早々に打ち切ることでかえって後味を良くすることはあっても、長引かせて後味を悪くすることは避けるべきなのです

 ムダに連載が長引いて書き手に利益があったことなど、古よりあったためしがありません

あなたも好きかも:阪神尼崎駅 パチンコ
連載はエピソードとの駆け引き 連載をうまくやる書き手は同じような「エピソード」を何度も書きません

「リソース」はこちらで用意する必要があります

 それとは別に、読み手の興味を惹く「エピソード」を調べ上げるべきです

(ランキング上位に入っている書き手がどのような「テンプレート」の上にどのような「エピソード」を展開しているのかを調べます

ランキング上位を入っているということは、現状「勝っている」小説です

そこから「エピソード」を「換骨奪胎(かんこつだったい)」してこちらの小説に持ち込みます)

 だから「エピソード」が尽きて書けなくなるということがありません

 書き手が執筆を続けるごとにどん詰まりに追い込まれるのは、書き手だけで「エピソード」を思いつこうと足掻くからです

 こうして書き手がどん詰まりで「エピソード」が枯渇すると、発想が貧困になってしまいます