マシマシ スロット

マシマシ スロット

「それはつまり、付き合ってやれと……」「心を通じさせるのは、肉体だけとは限りません

 愛とは理解しあおうとする努力の過程です

 結果ではないんですよ」「いや、セイはまだともかく、美射と理解したくは……」言葉に詰まっていると、沼の中からズルズルと藻と泥まみれ化け物……いや美射が這って出てきた

どこから探してきたのか、頭まで全身緑のタイツを着ている

あなたも好きかも:スロット カイジ3 フリーズ
そして、そのまま力尽きる

「この沼は毒を持っているんですよ

 治療しなければ」ミラクは止める暇もなく、テラスの階段を駆け下りて沼のほとりでうつ伏せに伸びている美射をひっくり返しの胸を押して口の中に詰まったものを吐き出させたりと介抱し始めた

しかし、すげーわ……どうやって来たんだよ

あなたも好きかも:バイオハザード リベレーションズ パチンコ 曲
セイしか、ここで寝ていると知らないはずなのによくここまでたどり着けたな……

などと、立って呆れて眺めている間に美射は息を吹き返して、泥と藻だらけの全身タイツを脱ぎ捨てると、下着姿で介抱してくれたミラクをスルーしてテラスへの階段を駆け上り俺に飛びついてきた

そして小声で耳元に「話は聞かせてもらったわよ

よく喋らせたわ」と言ったあとに、そのまま頬にキスしようとしてきたので俺は残像を残して、数メートル横へと移動する

「ちょ、ちょっとぉ!」「服を着ろ

あと、ミラクさんに感謝の言葉も」「あ、ミラクちゃーん

ありがとねー」いつの間にか、ミラクは消えていた

テーブルの上に積み上げていた本も無い

「……」気配が瞬時に消えた

「ま、いいか